仕事メモとか

仕事中に調べた情報とか知ったことをメモしています。
unixコマンド, vim, oracle, putty, postgresql, bash, EXCEL, python, SQL全般 など。
最近は tableau, movabletype とかも触ったりしています。
雑な読書感想とかはこちら

カテゴリ: ツール

heicファイルをjpegに変換

はい、iPhoneの人から画像を貰ったのですが、なんか見慣れない拡張子でした。

heicってなってるんですが、なにこれ? と思って調べたら、アップルさんでよく使われる画像圧縮フォーマットでした。

画像圧縮に優れていて、jpegより良いらしい。
んが、対応していないと使えないので、jpegに変換するツールを探していたところ、
サイトで変換できるところを発見しました。

apowersoft
https://www.apowersoft.jp/heic-to-jpg

複数ファイルも同時に行けるそうです。
便利そうなので使ってみます。

参考:
https://apptopi.jp/2018/06/10/heic-wo-jpg/



putty の設定を他のマシンに移行したい

windows環境でPC移動する際に、育てたputtyの設定をそのまま持っていきたいと。
ということで調べたら、機能としては存在せず、レジストリの移行をコマンドプロンプトでやるという方法を発見しました。

●設定ファイルの作成
reg export HKEY_CURRENT_USER\Software\SimonTatham\PuTTY putty.reg

●設定ファイルの取り込み
reg import putty.reg

両方ともwindowsのコマンドプロンプトで実行できます。
これで移行自体は出来たのですが、なんかフォント設定がおかしかったので、
その後以下のような変更を行いました。

設定-カテゴリ-ウィンドウ-外観

フォントの設定のポイント数を減らす


とりあえず変な見た目はこれでうまくいきました。
windows7からwindows10に移行したのですが、ディスプレイ内容も変わってるのでその辺が原因かもしれません。


googleの地図と緯度経度の話


googleの地図で「東京駅」とか検索すると、東京駅そのものにフォーカスします。
この時のURLを見ると、

https://www.google.co.jp/maps/place/東京駅/@35.6811673,139.7670516,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x277c49ba34ed38!8m2!3d35.6811673!4d139.7670516

とかいう形になっているのですが、/place/の後の「東京駅」は検索結果で直フォーカスした場所だと思うのですが、
そのあとの@より後ろ、

@35.6811673,139.7670516,15z

この部分の話です。

結論から言うと、これ表示するマップの場所とズームを表しているので、ここから緯度経度が取れます。

緯度:35.6811673
経度:139.7670516
縮尺:15

上の緯度経度は東京駅で検索した結果で「今表示されているマップの場所」を表しているため、
完全に東京駅そのものの緯度経度ではないものの、殆ど問題なく使えそうです。


こちらも参考:
https://www.geocoding.jp/

livedoorのブログカードを作ってみた

ブログ内に他のブログへのリンクを貼るやつで、写真なども込みで良い感じのセットになってる奴を、ブログカードと言うそうで。

調べたら簡単に作れそうだったので、導入してみました。

作ったブログカード


・方法
まずツールを導入
https://chrome.google.com/webstore/detail/create-link/gcmghdmnkfdbncmnmlkkglmnnhagajbm?hl=ja
こちらをchromeに導入。

次にブログカード用の設定を作成
参考:
http://hongkyong.blog.jp/archives/7548124.html

ということで、こんな感じで作れました。

UMLの画像をいい感じに作れるサイト plantuml.com

今日はこちらのサイトの話。
http://plantuml.com/

UMLとは、超簡単に言うと図とかで表現するときにみんな同じルールで描こうフォーマット。
(Unified Modeling Language)

よく仕様書や定義書とかで使われますが、
パワポとかで何かを説明するときも大いに役立ちます。

ユースケースみたいのもいい感じに作れます。
http://plantuml.com/use-case-diagram


こちらのサイトでは、このサイト特有?の記載方法を使うことで、
図を自動的に作ることができます。

例)
=============================
@startuml
'default
top to bottom direction
user1 --> (Usecase 1)
user2 --> (Usecase 2)

@enduml
=============================

@startuml から @enduml までに書いた文字が図を作るプログラムになります。
記載方法はかなり多岐にわたっているため、困ったタイミングで調べるしかないのですが。

作った画像がこちら
uml



これをサイトのところに張り付けると、図が作れます。
その図がpngファイルになるため、他で使ったりできます。

これはかなり便利かも

↑このページのトップヘ