仕事メモとか

仕事中に調べた情報とか知ったことをメモしています。
unixコマンド, vim, oracle, putty, postgresql, bash, EXCEL, python, SQL全般 など。
最近は tableau, movabletype とかも触ったりしています。
雑な読書感想とかはこちら

カテゴリ: 雑学


医療機関の調査方法_医療介護情報局から

地方厚生局が持っているデータベースから、
施設の内容、診療科などで絞り込むことが出来るサイトがありました。

大元:医療介護情報局
https://caremap.jp/


https://caremap.jp/cities/search/facility

ぶっちゃけ実行してみると結構重いのですが、
検索のための条件などはかなり多岐にわたって使えます。

但し、検索結果の施設名は一部を伏字にするため、「■」になっているようです。

何らかの調査を行う時の基礎調査の指針として使うことは出来そうですが、
このサイトを直たたきしてデータを取って~みたいなのをサーバーで作ったら実行速度的にきつそうかもしれません。


会社名のスペースについて


ちょっと気になって調べたことをメモ。
会社名に半角スペースがあり、これってそもそも登記上アリなんだろうか、と思って調べました。

結論から書くと
・ローマ字を使っている場合はアリ
・使っていない場合はナシ

ということでした。


法務省のサイトにある商号に関するメモにありました。
参考:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44.html
抜粋
>※なお,ローマ字を用いて複数の単語を表記する場合に限り,当該単語の間を区切るために空白(スペース)を用いることもできます。

そもそもローマ字、アラビア数字、幾つかの特殊記号についても使えるようになったのが平成14年だそうです。


階によって郵便番号が違う高層ビルの話

郵便番号が3桁から4桁増えて7桁になりました(かなり昔)。
この下4桁の運用は何らかのルールに則っているのかと思いきや、
ビルの階によって違う番号が振ってある、みたいなものが結構あります。

調べたら、およそ30階以上(例外あり)の商業施設で付いていることが多いようです。
殆ど都内の高層ビルですが、大阪などの有名なビルも結構あります。

例)六本木ヒルズタワー

106-6101:1階
106-6102:2階



106-6154:最上階54階
106-6190:階層不明


不明処理までデータとして持っています。
凡そ下2ケタを使っているので、とりあえず不明処理を除いたとしても日本の建築基準からしたら当分大丈夫層です。

超余談ですが、
日本一高いビル「あべのハルカス」は60階。
日本一階数の多いビルは「横浜ランドマークタワー」の70階です。
(2018.09.11現在)


参考:
https://yubin.senmon.net/tower/


台風による水位の上昇

台風が来ると水位が上がる、ということで今回の台風では関西国際空港が水没したのですが、
そもそもどれくらいあがるのだろう、ということを調べてみました。

すっごいザックリいうと、気圧だけで上がる分は1hPaあたり1cmくらいあがるそうです。

標準気圧は101325 Pa。まあ大体1013hPa。
そんでもって台風21号は、中心気圧が一番すごいときで915hPa。
9月4日朝の四国沖の状態でも945hPaだそうです。

と、いうことは、1013-945=68cmほど海面が上昇する可能性がある。
しかもこれに満潮やら波やらが重なると、更に水位が上がるわけです。

詳しい話は専門のサイトをご参考ください。
とりあえず、1hPa=1cmの上昇ということを知っていると、
ちょっとした会話でドヤ顔出来ると思います。


参考:
https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/db/tide/knowledge/tide/takashio.html

↑このページのトップヘ