仕事メモとか

仕事中に調べた情報とか知ったことをメモしています。
unixコマンド, vim, oracle, putty, postgresql, bash, EXCEL, python, SQL全般 など。
最近は tableau, movabletype とかも触ったりしています。
雑な読書感想とかはこちら

カテゴリ: ライフハック


空港でスーツケースが壊れた話(techじゃないですけど)

はい、国際線で成田に帰ってきたときの話です。
どちらかというとライフハックというか、まあこうやって対応しました的なメモです。

JALを使っていたのですが、成田でスーツケースを見たらハンドル部分が壊れていました。
よく見ると、ハンドル、鍵の部分の横の機構部分など強化プラスチックの部分が破損。
あと上部にクラック(そんなに大きくはない)。

スーツケースを持ってJALの係員の人に聞いてみたら、専用のオフィスに通されました。

ちなみに結構JALに乗っていますが、そんなにぞんざいに扱われたことは無いです。
まあ今回は運が悪いとか当たり所が悪いとか、そういう感じかなと。
スーツケース自体も7,8年使っているものなのでそろそろ引退かなとも思っていたのですが。

専用オフィスで破損部分を確認してもらい、話を聞いてみると以下のようになりました。

輸送中の破損ということで、スーツケースの基本機能部分に関してはJALの責任で直せる。
クラックは重大破損ではないので客負担となる(直す、直さないも判断出来る)

ちなみに海外に行くときに個別に保険に入っていたため、これが適用できるらしい、となりました。

●破損個所
・ハンドル→重大破損なのでJALで直せる
・鍵部分横→重大破損なのでJALで直せる
・上部クラック→軽微破損なのでJAL補償対象外→海外旅行保険で直す

スーツケースの中には荷物が入っていたので、一旦スーツケース自体を家に郵送。
到着後、JALが手配した会社が引き取りに来てそのまま修理工場へ。

数日後修理工場から確認と見積もりの電話が来て、クラック部分は3600円+税くらいとわかる。
保険会社に確認したところ保険対象で対応可能とのことなので、修理工場にそのまま修理依頼。

スーツケースが返ってきたので、証明書などを込みで保険会社に送る、
という感じになりました。

返ってきたのが10月下旬、スーツケースの修理込みで大体12月くらいまで掛かりました。

なかなか無いイベントだったので、メモしておこうかと思いまして。

ということで、スーツケースなどが破損している場合、とりあえず航空会社の人に伝えてみましょう。

windowsで簡単にファイルサイズが大きいものを検索する方法

unixみたいにコマンドでファイル容量とかで検索できないかなーと思って探したら、
そもそも検索の機能の中に「サイズ」という項目がありました。

検索ボックスをクリックすると、更新日時やサイズでフィルタリングできます。
ここで必要なサイズを選べば、ざっくりと検索できます。

参考:
http://office-qa.com/win/win144.htm

ブラウザなどでCSSをキャッシュしている場合、更新をしたつもりでも反映しません。

そういう場合はF5でサイトの更新をしてもダメな場合があります。
ということで、こういう場合は「Ctrl」+F5でスーパーリロードできるようです。
(windowsの場合になります。その他は下記参考ページをご参照ください)

参考:
http://weboook.blog22.fc2.com/blog-entry-367.html

YAGNIの考え方で開発してみよう

「その機能が必要になったら、その機能を追加する」
という考え方です。

昔から存在するウォーターフォール型の開発が染みついていると、
この考え方大丈夫なのか? とも思うのですが、
今のアジャイルの流れの産物なのだなーと思うわけです。

そして「使わないかもしれない機能」を開発+QAするコストは単純に損なので
内部開発+回避手段がある(DBを直接触れるなど)場合においては良い考え方だと思います。


回避手段が無いシステムを開発する場合とか(銀行系とかのシステム開発とか)、
特別対応画面を作らないとダメな場合は作った方が良いとは思います。
前にあった東証のジェイコム株事件のシステム部分ミスのようなこともありますし。

なにはともあれ、
・クリティカルでは無い
・今必要とされていない

という案件はそもそも必要になるまで作成しない、という考え方には賛同です。


参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/YAGNI

chromeで簡単に検索が出来るようにする

chrome使っていると、なんか勝手に検索の連携をしているのですが、
そこを整理してちゃんと使おう、という話です。

chromeの設定から「検索」→「検索エンジンの管理」を見ると、
既に設定してある内容が大量に出てくるのですが、ここの「キーワード」が肝です。

このキーワード、自分で好きに設定できるので、短くしておくと楽。

試しに、当サイトの検索機能の部分を流用してみました。

検索エンジン:workmemo.techblog.jp
キーワード:w
URL:http://workmemo.techblog.jp/search?q=%s

こうすると、URLを入れる窓で

w {検索文字}

とやると簡単にサイト内検索が出来ます。
キーワードは隙に作れるので、良く使う奴は1??2文字で設定しておくとよいかも。


参考
http://qiita.com/Gaddict/items/5735997ea885d542e232

↑このページのトップヘ